メイン画像

Pickup

サプリメントに入ってる添加物

サプリメントに入ってる添加物

サプリメント=健康食品というイメージから、添加物が使用されているイメージが無いと思います。それは大きな間違いで、ラベルを見ると添加物が使われてるサプリメントがあることを覚えておくと便利です。

食品添加物にはいくつか種類があります。食品の加工や製造のために必要な製造用剤、食品の保存性を良くする保存料、酸化防止剤、食品の風味や色合い、外観をよくするための甘味料、香料、着色料、食品の栄養成分を強化する栄養強化剤などがあります。

サプリメントはダイコンやニンジンのような自然食品ではなく、ハムやソーセージと同様の加工食品です。つまり素材を錠剤やカプセルに加工するために必要な食品添加物が使われています。

たとえば錠剤にする為には固めなくてはいけないので結合材を使用しています。他にも保存料や着色料、香料、甘味料など、いろいろな用途の添加物があります。製品のラベルを見ると「原材料」という欄に使用されている添加物が重量の多いもの順に記載されているので是非チェックしてみましょう。

添加物だからと言って毒というわけではありません。毒性試験などをちゃんとクリアして安全性が確かめられたものだけが、添加物として指定されます。日本の食品添加物は特に安全と言われていますが、安全性を見る必要性はあると思います。せっかく健康を意識して服用するわけですから、利用者自身が製品ラベルをチェックし、自分の価値観と判断で選択することは大切だと思います。